No Rainbows, No Ruby Slippers, But a Pen

本ブログでは研究関連で読んでいる書籍、(新作)映画作品の紹介、日々の考察を中心に共有していきます。また、漫画、アニメ、小説、写真などについても感想などを述べていけたらと思っています。

集中講義「人種、民族とジェンダー」を担当します。

 9月10日から14日までの五日間、都留文科大学で集中講義「人種、民族とジェンダー」を担当することになった。主な履修生は北欧からの大学生らしく、単位互換を円滑に進めるために、授業外にかなりの課題を出す必要があるらしい。僕の授業では1日1本を見せて、その作品を論じている論文を読んだうえで議論をしてもらう予定なので、課題の多くをリーディングでカバーしたいと考えている。

 

今回は課題に出すリーディングのリストを書き留めておく。

 

一日目

Judith Butler. "Critically Queer."

Smith Greg. "'It's Just a Movie': A Teaching Essay for Introductory Media Classes."

Patricia White. "Sketchy Lesbians: "Carol" as History and Fantasy."

 

二日目

Alex Doty. "There's Something Queer Here."

D. A. Miller. "Anal Rope."

Harry Benshoff and Sean Griffin, eds. Queer Cinema: The Film Reader.

 

三日目

B. Ruby Rich. New Queer Cinema: The Director's Cut

Harry Benshoff and Sean Griffin. Queer Images: A History of Gay and Lesbian Film in America.

Michael Aaron ed. New Queer Cinema: A Critical Reader.

 

四日目

Judith Butler. "Gender Is Burning: Questions of Appropriation and Subversion." Bodies That Matter.

bell hooks. "Is Paris Burning?" Black Looks: Race and Representation.

 

五日目

Stephanie Deborah Clare. "(Homo)normativity's romance: happiness and indigestion in Andrew Haigh's Weekend."

B. Ruby Rich. "What's a Good Gay Movie?" New Queer Cinema: The Director's Cut.

 

 

Bodies That Matter: On the Discursive Limits of Sex (Routledge Classics)

Bodies That Matter: On the Discursive Limits of Sex (Routledge Classics)

 

 

New Queer Cinema: The Director's Cut

New Queer Cinema: The Director's Cut

 

 

New Queer Cinema: A Critical Reader

New Queer Cinema: A Critical Reader

 

 

Queer Cinema, The Film Reader (In Focus: Routledge Film Readers)

Queer Cinema, The Film Reader (In Focus: Routledge Film Readers)

 

 

memorandum 2018.08.23

This week, I had a chance to see a collection of pictures donated by one art director who worked closely with filmmakers such as Kinoshita Keisuke and Kawashima Yuzo in the 1950s. The photo albums included many pictures with famous faces from the second golden age of Japanese film industry. I'm looking forward to analyzing the details and using them as sources in papers in a very near future. Photos are usually considered difficult materials to exhibit because of legal rights, they give us an opportunity to reimagine what those in film industry were seeing.

 

One of the problems I have right now, however, is a severe lack of time for research and actually analyzing the materials. One reason is that I have not completely settled and rearranged my work habit in a new environment. It's been almost 6 months, but I still find it difficult to work effectively in order to finish the to-do-list on time. One of the reasons for this is that we have too many meetings, sometime unexpected ones. To me, this was a surprise at first because I had heard that professors hate meetings; things seem different here. If they also do not want meetings so often, maybe we should find some other ways to keep ourselves updated.

 

Not having enough time for research and paper writing is a serious problem, especially to us young scholars whose contract is only up to three years at maximum. It looks like that although those who had my position before me somehow found better positions a few years after finishing the contract, they all had difficulty with regularly publishing papers. I need to figure out ways to have enough time each day to read, watch movies, and write.

memorandum 2018.08.18

Two days ago, I attended a study group on queer studies at Doshisha University. I hadn't had a chance to participate in it ever since I moved to Tokyo. But thankfully the work schedule during summer allowed me to return to Kyoto for a few days.

 

There were five presentations by graduate students from universities in Kansai and Kyushu regions. Despite some difficulties that they seemed to be having with rules of presentation manners, I learned a lot from their presentations. Some were especially informative and their discussions were so richly structured that I felt embarrased as I looked back on the level of research I was able to conduct in the early stage of the master's program.

 

One of the things I gained from the study group was a sense of assurance that there is no such thing as LGBT films. Of course, we do see the term "LGBT films" in film reviews, but except for a very few examples, it is hardly that a so-called LGBT film depicts lesbians, gays, bisexuals, and transgenders at the same time. There are lesbian films or gay films, but no "LGBT" films. It is still difficult for me to explain what queer films are. Yet, I guess what is important to keep reminding myself is that queer is an attitude or a view that aims to provoke and subvert norms.

Bill Nichols, Introduction to Documentary (Indiana University Press, 3rd Edition, 2017)

 UCLAで映画研究をしている大学院生たちから誘いを受け、来年3月にシアトルで開催されるSociety for Cinema and Media Studiesの大会に向けて発表アブストラクトを書いている。今回はメディア研究の先行研究とドキュメンタリー映画理論を用いたパネルを組みたいと言われたので、大学でアクセス可能な文献をいくつかピックアップして読んでいる。

 

 僕の発表ではドキュメンタリー映画のvoiceについて考察したいと相談したところ、ドキュメンタリー映画の批評家/理論家であるBill NicholsのIntroduction to Documentaryを読むよう薦められた。Nicholsは、ドキュメンタリー映画における六つのモード(Expository, Poetic, Observational, Participatory, Reflexive, Performative)に関する論考が有名。この本にもそのモードだけでなく、ヴォイス(Chapter 3: What Gives Documentaries a Voice of Their Own?)について詳細に書かれている。

Introduction to Documentary, Third Edition

Introduction to Documentary, Third Edition

 

 

 Nicholsが分析するモードについて、映像の例を交えて詳しく書かれている記事があり、さらっと復習するのにちょうど良い。

nofilmschool.com

 Nicholsの他の書籍も面白い。Introduction to Documentaryのあとに読むと分かりやすいかもしれない。

Representing Reality: Issues and Concepts in Documentary

Representing Reality: Issues and Concepts in Documentary

 

  

Speaking Truths With Film: Evidence, Ethics, Politics in Documentary

Speaking Truths With Film: Evidence, Ethics, Politics in Documentary

 

 

映画会社からの上映会用作品貸し出しに関するメモ

 10月に職場で無料映画上映会を企画している。その準備に向けて、日本の映画会社に上映会用の作品貸し出しについて問合せを行ったので、今回はその結果を記しておきたい。ここでポイントとなったのは、企画している上映会が野外であること。上映媒体はDVDを検討していたから、DVDを借りられるか否かを伺った。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

問い合わせ先:松竹、日活、東映東宝

 

松竹:野外は全面NG。理由は座席に座る来場者以外の不特定多数が観られる環境であるから。ちなみに屋内だとDVD貸し出しOK、50席に対して25,000円。

 

日活:DVDでの上映可能。200席に対して50,000円(税別)+素材送料1,000円(税別)。

 

東映:フィルム、DCPでの貸し出し可能。

 

東宝:フィルム(35mmプリント)、DCPでの貸し出し可能。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 

今回は無料映画上映会で問合せしたので、有料の場合は条件が異なる可能性が考えられる。

いつか彼女なりの綴り方で─『カランコエの花』(脚本・監督・編集:中川駿、2016年、39分)

 6月27日、明治大学駿河台キャンパスで開催された『カランコエの花』上映会+トークイベントに参加してきた。 本作は7月14日から20日までの一週間限定ロードショーが決まっている。

 

f:id:yutabou85:20180628161105j:plain

 

 『カランコエの花』は2017年度の東京レインボーリール映画祭でグランプリを受賞した作品で、同時期に公開された『春みたいだ』と同じくらい気になっていた。オンラインでの上映機会のない作品だったため、上映会を無料で開催した明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターと一般社団法人fairの取り組みに感謝している。当日は前の方の席に座ったから会場の全体像は掴めなかったが、来客数は多かった。

 


映画『カランコエの花』予告編

 

 『カランコエの花』の主人公は高校二年生の月乃。映画は彼女が母親からカランコエの花を想起させる紅色のシュシュをポニーテールに付けてもらう朝の場面から始まる。吹奏楽部で朝練をし、教室ではクラスメートと笑いあう。いつもと同じ学校での一日が始まるはずであったが、その日、唐突に保健教員からLGBTに関するざっくりとした授業が行われる。それまで教室を満たしていた生徒たちの笑い声は一切なくなり、彼/女たちはLGBTと大きく書かれた黒板を見つめ、「異性だろうと同性だろうと、好きになったらしょうがない。恋に性別は関係ないと、私は思います」と言う教員の言葉にはやや無邪気さが残る。生徒たちの静けさは、LGBTに関する授業が自分たちのクラスだけで行われた事実によって破られる。「自分たちの中にLGBTがいるんじゃないか?」男子生徒によるLGBT捜しをきっかけにクラスには疑念の波紋が広がり、彼/女たちの心は様々な感情の間を揺れ動く。

 

 本作で印象深い場面の一つに、月乃が貸していた英語のノートを桜に返してもらう場面がある。カラフルにかわいらしいフォントで英語ノートの表紙を飾っているが、月乃は"English"を"Engrish"と書いてしまっている。それを桜は優しく月乃に伝えると、二人は笑う。「頑張ったのになぁ」と残念そうにする月乃を桜は笑顔で見つめる。"English"の「L」を「R」に間違えてしまう、少しおっちょこちょいな面をもつ月乃は、映画の後半、ある人を守ろうとするがうまくいかない。そのもどかしさが本作のキャッチコピーに表れている──「ただ、あなたを守りたかった」。月乃が教室でシュシュを外すショットにおいて、このキャッチコピーは彼女の感情を代弁することになるのだが、彼女は何を間違えたのか。また、誰が彼女の行為が間違っていたと言ってよいのか。本作はその答えを観客に考えさせるきっかけを与えるだろう。月乃の行為は「ただ、あなたを守」ろうと頑張った結果であり、同時にその結果は英語の綴りのように少しだけ正解から離れていたのかもしれない。いつか彼女なりの綴り方で、月乃が「あなた」と向き合えることが出来たら、とそんな未来を僕は期待したい。

 

 中川監督の作品を観たのは今回が初めてだったが、吹奏楽部の朝練の様子とオープニングクレジットをサウンドブリッジさせながらクロスカットさせる冒頭から編集の巧妙さが印象深かった。また撮影方法のリズム感が良く、フィクスでテンポ良いカットがあれば、長回しで場面の空気の重さを見せたかと思いきや、主人公にうまく言葉を伝えられずバスの中で涙を堪える少女の感情をバスの振動で上下左右に揺さぶられる手持ちカメラのブレを通して表現するなど、画面の作り方が観客を飽きさせない。ストーリーテリングの方法もうまく考えられており、ラストシーンからエンドロール、そしてその後に続くワンシーンまでの流れは圧巻だった。悪く言えば「よく狙って作られている」という言葉がふさわしいのかもしれないが、あの思い切りの良さがなければ本作が有する映像のパワフルさは達成できていなかっただろう。

 

 今回の上映会は教育現場におけるLGBTのトピックを扱った本作を材料に「周囲にできること」を考える趣旨があった。トークに参加した明治大学の田中洋美氏が教員は知を共有する立場として常に勉強しなければならないと何度も言っていたのが、自分の中ではとても印象深かった。クィア・LGBTQ映画の研究をしている立場としては僕も同じで、映画とジェンダーセクシュアリティの最新の議論をインプットし続ける努力を怠ってはならないと改めて思った上映会でもあった。

英単語/英語表現 2018年6月26日

cobbler: 靴の修繕屋、不器用な職人

turd: 糞(の塊)

per se: それ自体は、本来

maxim: 格言、金言

convolution: 回旋、渦巻き(通常複数形で the convolutions of )、(脳などの)脳回、(議論などの)もつれ、紛糾

commandeer: (兵役に)徴用する、(軍用・公用などに)徴発する、勝手に使う

meliorism: 改善説

exit wound: 貫通口(銃弾を撃たれて弾が身体を貫通している時に使う表現)