読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Rainbows, No Ruby Slippers, But a Pen

本ブログでは研究関連で読んでいる書籍、(新作)映画作品の紹介、日々の考察を中心に共有していきます。また、漫画、アニメ、小説、写真などについても感想などを述べていけたらと思っています。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』(ポール・W・S・アンダーソン、2016年)

クリスマス週末の三連休に、ポール・W・S・アンダーソン監督の『バイオハザード:ザ・ファイナル』を観てきた。本作は、カプコンのテレビゲームを原作としたシリーズの最終作だ。中学生の頃からテレビゲームを毎作品プレイしているし、映画化作品もすべて観てきた。本作の前に5本あって、1作目と3作目は楽しく観た記憶がある。

 

来年1月26日にテレビゲームの最新作が発売されることもあり、本作の公開も首を長くして待っていた。その甲斐あってか、バイオファンとして期待していた以上に本作を楽しめたし、面白かった。2時間くらいの長さで、冒頭からラストまで緊張感が保たれていて、見終わった頃には体がこわばってしょうがなかったんだが、それくらいスクリーンから目が離せない。なにしろショットとショットの切り返しも早いし、テンポ良く画面が切り替わるので、何が起こっているのかを見逃さないためにずっと集中していないといけない。また、「あーくるくる、絶対なんか出てくる」というところで、確実に効果音を利用してびびらせにくる。「何かが起こる」ことを知らせる設計は、ショット・サイズの変化やキャメラの移動(パンやトラッキング)で効率よくできあがっていて、期待を裏切らない。それもあって、緊張に続く緊張が重なった。

 

ネタバレになっちゃうので、あまり結末については書けない。ただ、アリスとレッドクイーン、そしてもう一人の女性のつながりに重要性を置く点で、本作はとても興味深かった。クィアな分析もできるんじゃないかなと思う。そこらへんは勉強が必要だ。

 

(アクション)ホラー映画は映画と情動のトピックを扱うためにはちょうど良いジャンルだと思うんだが、いかんせんホラー映画を一人で観ることが苦手なので、大勢で観るのがちょうどいい。近いうちに『ドント・プリーズ』を観てみたい。

 

Michael DeAngelis, "Authorship and New Queer Cinema: The Case of Todd Haynes" 言及作品まとめ

副指導官による今週の映画学ゼミはニュー・クィア・シネマについて。今回のリーディング課題の一つに、Michael DeAngelisの"Authorship and New Queer Cinema: The Case of Todd Haynes"がある。本論文では、『キャロル』で話題になったトッド・ヘインズ監督の作家性がニュー・クィア・シネマの文脈で考察されている。本論文で言及されている作品群を以下に挙げておく。

 

Far from Heaven

 

Dottie Gets Spanked

 

 

 

 

Velvet Goldmine

 

ダグラス・サークAll That Heaven Allows (1955)との比較

 

本論文で言及されるJustin Wyattによる監督へのインタビューは以下のURL先でダウンロードできる。Justin Wyatte and Todd Haynes, "Cinematic/ Sexual Transgression: An Interview with Todd Haynes."

https://comm350queercinema.files.wordpress.com/2010/11/todd-haynes-interview-cinematic-and-sexual-transgression.pdf

 

木下惠介に関して書かれた英語ウェブサイト

木下惠介は彼と同時代の映画作家たちと比べると、海外において同等に注目されているとは言い難い。だが、2012年の生誕100周年以降、日本語以外のメディアでもときどき取り上げられている。今回は英語で見つかった木下惠介関連の記事をメモ代わりにアップしていく。

 

まずは木下惠介生誕100年記念を祝う松竹のウェブサイト。木下作品の英語表記で悩むことがしばしばあるんだが、今後はこちらを参考にしたい。

去年の終わりだったか、木下の初期作品を集めたDVDBOXがCriterionから出ている。英語字幕付きで観られる木下作品は少ないため、貴重な映像資料になるだろう。

2012年11月にリンカーン・センターで特集上映された時のウェブサイト

ハリウッド・レポーターによる『はじまりのみち』公開時のレビュー

木下恵介記念館を英語で紹介した記事

 

RottenTomatoesにある木下惠介のページ

MUBIにもアップされていたことがあると知って、見逃していたことにショック。

他にもいろいろとあると思うが、今回はこのへんで。また見つけたら追記していく。

Amazonプライムで観られるゲイを扱った映画

スマホタブレット、テレビで映画やテレビ番組を観られるHuluやNetflixといった月額有料動画サイト/アプリがある。いろいろと登録してきたが、今はAmazonプライムだけアカウントを持っている。Huluだと木下惠介の作品をほとんど観られると聞いたので、登録しようか検討しているところだ(The Walking Deadのシーズン7も観られるし!)。

 

今回はAmazonプライムで観られるゲイを扱った映画作品を20本紹介したい。字幕がついていないのもあるが、カミングアウト、映画スターのゴシップ、ドラッグ、レイプ、エイズ、宗教、家族、人種、民族、差別、ソーシャルメディアなどの問題を扱う作品であり、それぞれに注目すべき側面を持つ。演出や演技、脚本の質については苦しい面もあるが、どこをどう改善したらいいのかなど考えるのも楽しみの一つとしてぜひ観てもらいたい。

 

ここに挙げているのは、Amazonプライムで観られる作品のうちほんの少しだ。一つの作品を選ぶと、他にも作品を挙げてくれるので関心を引く作品をどんどん探してみてはどうだろう。

 

木下惠介の誕生日

12月5日は、僕が研究対象にしている映画監督木下惠介の誕生日だ。1912年生まれなので、もし今も生きていたら104歳になっていた。ちなみに弟の忠司さんは今年で100歳。100歳記念パーティに参加したとき初めてお会いしたのだけど、忠司さんは今もパワフルだ。

 

木下惠介記念館に行くと、惠介さんが残した言葉が記された垂れ幕が飾ってある。展示によって垂れ幕の数が少なくなっていたりするのだけど、僕が見かけてぐっときたものが一つある。メモを取り忘れたのできちんと覚えていないのだけど、自分が死んだ後に自分のことを書いてほしくない、みたいな内容だったと思う。恵介さんの助監督だった横堀さんの『木下恵介の遺言』(朝日新聞社、2000年)には次のように書いてある。

 

 木下さんは撮影現場でぼくを怒鳴りまくっていたころ、言ったことがある。

 「誰かが死んじゃったあと、なんだかんだとその人をわけ知り顔に書く奴は、みんな根性が卑しいんだ。ボクは、小津さんや渋谷実さんや田中絹代さんのこと書いたもんなんて、絶対読みたくないし読んだことさえない。お前、そんなもの決して書くんじゃありませんよ」

 ぼくはいま師の遺志に反したことをしてしまった。(217)

 

垂れ幕に書いてあったのは、「誰かが死んじゃったあと〜卑しんだ」の部分だったと思う。僕自身は惠介さんにお会いしたこともないし、彼について知る術は彼が書き残したもの、インタビュー(映像)、あるいは他人による伝記くらいしかない。あとは彼の作品だけ。僕の博士論文は惠介さんの人となりを論じるものではないので、主に作品だけを見つめて書いている。それが成功するか、失敗するかは正直分からない(できれば成功してもらいたい)。ただ、惠介さんに怒られてもかまわないから、映画作家としての彼の本質をさらに拡大して論じて、多くの人に彼の作品の魅力を伝えられれば嬉しい。慎重に、けれど大胆に、書き続けたい。

 

博論が終わったら、惠介さんのお墓参りに行くことをずっと前から決めているから、近い将来実現したい。

レイチェル・ラング(Rachel Lang)監督が気になる

今日はRachel Lang監督による『White Turnips Make it Hard to Sleep』(2011)と『For You I Will Fight』(2010)を観た。二作品とも現在MUBIにアップされている。それぞれ30分未満なのでさくっと観られる。

 

Salome Richardという女優が両作品で主人公アナを演じている。彼女はLang監督の最新作『Baden Baden』(2016)でも同じ名前の主人公を演じているようなので、なぜ監督が「アナ」という名前に固執し、同じ俳優を繰り返し使うのかが気になる。インタビューなどを追っていけば案外簡単に明らかになるかもしれない。

 

とりわけすごいショット構成や演出があるわけではないのだけれど、作品ごとに異なる人物を描きながら、作品を横断して主人公アナが成長する過程が描かれているようで興味深い。監督についてはIMDBにも大した情報が載っていないんだが、これから注目しておきたい監督の一人だ。フランス語が分かればもっと情報収集できるのかもしれない。

『Baden Baden』の予告編はあった。この作品もMUBIで公開されるようだ。

www.youtube.com

『アピチャッポン・ウィーラセタクン----光と記憶のアーティスト』(フィルムアート社)

アピチャッポン・ウィーラセタクンに関する書籍『アピチャッポン・ウィーラセタクン----光と記憶のアーティスト』がフィルムアート社から12月20日に発売される。僕はカレン・ニューマンの論文「前世を思い出せる男-アピチャッポン・ウィーラセタクンによるインスタレーション」を翻訳させていただいた。

 

タイ出身のアピチャッポンは、今年日本で最も注目された映画作家・美術家(他にもさまざまな顔のある)の一人。本書にはかなり豪華な執筆陣が揃っているので、早く読みたくてうずうずしている。

 

アピチャッポン・ウィーラセタクン  ──光と記憶のアーティスト

アピチャッポン・ウィーラセタクン ──光と記憶のアーティスト