読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Rainbows, No Ruby Slippers, But a Pen

本ブログでは研究関連で読んでいる書籍、(新作)映画作品の紹介、日々の考察を中心に共有していきます。また、漫画、アニメ、小説、写真、絵画などについても感想などを述べていけたらと思っています。

年の瀬恋愛ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日、2016年12月30日放送)

LGBTQ

2016年12月30日にテレビ朝日で放送された年の瀬恋愛ドラマの第三夜『おっさんずラブ』をTverで観た。関西では放送されなかったので、ネット配信はありがたい。脚本は徳尾浩司、演出は瑠東東一郎。

 

独身サラリーマンの春田創一(田中圭)は、ある日、会社の上司である黒澤武蔵(吉田鋼太郎)のスマホに隠し撮りされた自分の写真を見つけてしまう。そのことがばれてしまった黒澤は、春田に恋心を告げ、弁当を作ったり手編みのマフラーを贈るなどしてアタックする。一方、春田にはルームシェアをしている後輩・長谷川幸也(落合モトキ)がいる。長谷川は料理も家事もできて、さらに寝る前に春田と一緒にゲームまでしてくれる。ロリで巨乳ではないが、巨根と自負する長谷川は、春田が女性に求める理想を体現した存在である。黒澤に告白されたことを長谷川に話した夜、風呂上がりの春田は長谷川に壁ドンされ告白される。春田の苦悩の日々がこうして始まる。

 

簡単なシノプシスと人物構図はテレビ朝日の公式HPを参照してください。

ノンケに恋するゲイの恋愛を民放ドラマがどのように描くのか、放送を知ってからとても気になっていた。結論から言えば、長谷川の存在の大切さに気づく春田と長谷川がキスをする、しかも「ちょっともう一回」と春田が願い、もう一度キスをするという結末は、ハッピーエンドと見なしていいだろう。最近のテレビドラマで言えば、『偽装の夫婦』はゲイ男性をメインキャラクターに置き、社会に潜む同性愛者に対するフォビアを問題化したり、また去年の人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でもゲイキャラクターを重要な役柄にすることで同様の問題を深刻にさせ過ぎることなく描いていた。他のドラマでもゲイ男性が登場していると聞くが、残念ながら僕は追えていないので、別の機会にリサーチしようと思う。

 

『おっさんずラブ』の構造は、一時間という尺の中でシンプルだがうまく設計されていると思った。春田はノンケだ(と思っている)し、告白以降の黒澤によるアプローチに対して恐怖さえ覚える。ある夜のオフィスでのやり取りは、黒澤の動作を細かく観察する春田のボイスオーバーや、点滅する照明や室内の暗さなどを通して、黒澤の愛情に怯える春田の心情をコミカルに表していた。だが、春田は黒澤からの弁当を食べたり、黒澤が尊敬できる上司であることから、少しずつ黒澤(の愛)への恐怖を克服していく。友人からの助言もあり、春田は人間として黒澤が好きだと告白を断ることになる。

 

続いて、長谷川との関係。長谷川は料理もできて、面倒見も良い。春田の長所も短所もよく見えている。春田が酔っ払って帰宅したある夜、長谷川は春田にキスしようとするが、唇が重なる寸前で春田が目覚め、口論になる。春田は、上司である黒澤に告白された時には露呈されなかったほどのホモフォビアを長谷川にぶつけてしまう。この場面は、黒澤に告白されたのがオフィスという公的空間、長谷川に告白されキスされそうになるのが自宅という私的空間という二つの空間の違いから、なぜ春田のフォビアが爆発するのかを分析することが可能かもしれない。

 

会社におけるホモフォビアが表層化するのも、春田自身のホモフォビアが高いレベルで表現された後であることは重要である。それによって、自分が長谷川や黒澤に対して抱いたホモフォビアにさらされる経験の様相を認識するからだ。その気づきがあってこそ、男性と女性というノーマティヴな恋愛観にとらわれることなく、自分の感情と向き合うことが可能となるのだ。

 

自分を理解してくれている長谷川への感情の深さに気づき、春田は長谷川に浴びせた暴言を後悔する。自宅からいなくなった長谷川を探して街中を走り回る春田の姿を映したショットの連続は、想い人を必死に求める恋愛映画の常套句的な演出であった。そのような演出を批判するつもりはない。むしろ、結末以降の二人の関係がどうなるかは分からないけれども、二人の関係がドラマの時空間内で改善され、先輩と後輩、ルームメイト、友達同士という関係性とは別の形へ向かう可能性を提示している点は評価したいと思った。

 

もちろん、気になる点がこのドラマにないわけではない。たとえば、料理も家事もできる長谷川が従来女性ジェンダーに求められる資質をそなえている一方で、女性である同僚の湊あすか(宮澤佐江)が汚部屋に住んでおり、料理もできない設定になっている。もし、彼女が長谷川同等に料理も家事もできた場合、春田は長谷川を想って夜の街を走り回っただろうか。

 

ゲイの視聴者としては、田中圭の上半身裸姿が眼福だったという点をのぞいても、あまり嫌になる演出はなかった。もちろん、それは人それぞれ意見が異なるので別の観点からの批判もあるだろう。だが、コメディという枠組みを用いることで達成できた人間同士の描写という観点から考えたとき、面白い挑戦はしたと思う。

 

 

『おっさんずラブ』には関係ないが、演出の瑠東東一郎さんのインタビューを見つけたので載せておく。『海賊戦隊ゴーカイジャー』のOPとかも作っているらしい。

ヨーロッパ企画 永野宗典の対談野郎 vol.13 ゲスト:瑠東東一郎 | THEATER View FUKUOKA

 

瀬尾さんについてはウィキペディアにまとめられている。舞台の脚本を多く手がけている脚本家のようだ。

徳尾浩司 - Wikipedia