読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Rainbows, No Ruby Slippers, But a Pen

本ブログでは研究関連で読んでいる書籍、(新作)映画作品の紹介、日々の考察を中心に共有していきます。また、漫画、アニメ、小説、写真、絵画などについても感想などを述べていけたらと思っています。

『映画研究』 第10号への論文掲載のお知らせ

学会 論文 木下惠介 レズビアン・ゲイ・クィア研究

この夏に査読通過した論文が、日本映画学会の『映画研究』第10号に掲載されました。

 

久保豊「『夕やけ雲』(1956)における木下惠介クィアな感性 ―― 少年同士の情動表象をめぐって」『映画研究』第10号、2015、44-62.

 

オンラインではこちらから。ぜひご一読ください。

http://jscs.h.kyoto-u.ac.jp/eigakenkyu-2015.pdf

 

PDFって便利だな。

 

追記:

さっそく論文へのコメントを頂いた。嗅覚的なクィアネスを論じるためには、嗅覚とクィアネスを結びつける先行研究を引いて、それをもとに自分の映画分析を展開するべきでは?という指摘。この指摘は私自身痛感しており、この論文を投稿する前に指導教官にも同様のことを言われた。ジェンダーセクシュアリティの先行研究の引用が少ないと。このへんは今後の大きな課題だ。