読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Rainbows, No Ruby Slippers, But a Pen

本ブログでは研究関連で読んでいる書籍、(新作)映画作品の紹介、日々の考察を中心に共有していきます。また、漫画、アニメ、小説、写真などについても感想などを述べていけたらと思っています。

論文校正についてのメモ

今日、査読に通った論文の再校を提出した。 再校は初校で訂正した部分を確認する程度で、と書いてあったので本当に確認するしかしなかった。指導教官に「加筆修正しても良かったんだよ」と言われ、正直心が揺らいでしまったが、次の論文のことを考えたいので…

『ベイマックス』(ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ、2014)についての覚書

『ベイマックス』本予告編 - YouTube ディズニーの最新作『ベイマックス』を観てきた。率直な感想を言えば、エピソードを詰め込み過ぎて、一貫した話の筋立てを組み立てられていない印象を受けた。日本公開版の予告編と実際の映画内容が懸け離れているという…

DC1の海外渡航に関する注意メモ

今回は日本学術振興会特別研究員DC採用中の海外渡航について。 8月から国際日本文化研究センターで開かれている日本映画の研究会にオブザーバーとしているのだが、そこで知り合った先生方と海外留学について話をする機会があった。映画学は欧米で発展した学…

メモ:夏休み中のリサーチ

博士後期課程での研究も三ヶ月が過ぎた。この期間で残念ながら一本も論文を書くことは出来ていないが、今後の研究の方向性は見えてきている。この夏休み中は資料集めをするために、下記の二つの場所へ行ってみたいと考えている。 1. 木下恵介記念館 http://w…

メモ:映画研究における法律と道徳の影響とは

指導教官と話をしている際に刺激的な意見を頂いたので、書き留めておこう。 映画研究において、研究者は同時代の社会を統制する法律や道徳についてどれほど考慮すべきなのか。法律や道徳、社会にはびこるイデオロギーが研究者の作品解釈・分析にどう影響する…